TOPICS 371   BACK

『メディア・マルチミックス』
顧客満足とプロモーション(Part 1)
森 秀男



近年、ファッション生活関連ブランドでは、「メディア・マルチミックス」 と呼ばれる多種多様なメディア(媒体)を駆使して、ターゲット顧客に向けたプロモーション(促進) 活動を行っています。
facebook、twitter、BlogなどのSNSの進展によって、 顧客の情報アクセス手法やコミュニケーション手段は飛躍的に変貌を遂げ、 それに対応したメディア活用が実施されています。

なお、メディアとは「情報を伝える仲介役」であり、 ブランド・企業とターゲット顧客の双方向コミュニケーションのための道具となるものです。 テレビや雑誌などは従来からある代表的なメディアです。

一般的に、顧客満足は、商品が企画、生産、販売され、最終的に消費者に買い求められて使用した時、 顧客が高い満足を得ることで達成されます。その際の前提として、 可能な限りの多くの顧客にその商品の価値やブランドのイメージを伝達し、告知し、解説したり、 彼らの関心を呼び起こし、さらに来店してもらったりして、最後は購買してもらう事によって、 企業の収益に結びつける役割を果たす機能がプロモーションです。

今回のCSコラムは、このプロモーションの基本的な概念をお話しします。
次回以降に具体的なメディア・マルチミックスの手法を述べる予定です。

プロモーションの基本的な手段に、以下のように代表的なものが4種あります。

1.アドバイタイジング(広告)
2.パブリシティ(広報)
3.セールス・プロモーション(販売促進)
4.パーソナル・セリング(人的販売)

これら4種を組み合わせて促進活動を行うことを「プロモーション・ミックス」といいます。
メディア・マルチミックスは、プロモーション・ミックスをベースに、さらに発展させたものです。