TOPICS 366   BACK   感想

正しいチェーン古書店の利用法
柄澤 明久

   

私は学生時代に神田や早稲田の古書店をめぐり歩くのが好きでした。 最近は全国にチェーン展開しているある古書店をよく利用しています。 私は特に105円コーナーを愛用しています。タイトルにつられて新刊を買ってみたけれど、 内容的にイマイチといった本が結構多いので、 そのような可能性のある本はこの書店の105円コーナーに陳列されるまで待つのです。

先日、105円コーナーである本を求め、レジに持っていく途中で通常の書棚を見たら、 全く同じ本が1,000円で売っているではありませんか。
おやおや、何で?
1,000円で買った客が同じ店内で105円の同じ本を見たら怒り心頭に発するに違いありません。 なんでこんなCSに反したことになるのでしょうか。

古本だから売値に差があってよいでしょう。汚れや傷の程度により値段が異なるのはむしろ当然です。 しかしこのケースでは程度はほとんど同じです。 もともとこの書店では仕入れた本を奇麗にみがいてから陳列するので、程度の差はほとんどないのです。 それにしても売値が10倍も異なっているのです。

これはマークダウン(値引き)をアイテムごとでなく、単品ごとに行っていることが原因と考えられます。 マークダウンは生鮮品や季節の服など、時間が経つと商品の陳腐化が進む商品で通常行われている手法です。 スーパーにおける消費期限が近付いた刺身、ブティックにおける季節変わりの服などでよく見られます。 この場合同じアイテム(消費期限が同日のマグロの刺身、色違いだけど同じ服など) について同じ値引き率を適用します。

この古書店では仕入れて店頭に陳列した時から一定時期(例えば1年) が経過した本は自動的に105円コーナーに移しているものと考えられます。 したがって同じアイテム(同じ本) でも仕入れた日が異なれば通常の書棚と105円コーナーとで混在することになるのです。

古書の場合は商品の陳腐化がほとんどないので、マークダウンにはあまり適さない商品です。 とはいえこの書店では回転率を上げて利益を出すという戦略を採用しているので、 在庫期間が長いものはマークダウンして売りきってしまおうということでしょう。 従って売値のデコボコには目をつむっているのではないかと思います。

いずれにしてもこの書店では一物二価となっているものがあるので、 消費者としてのこの書店の正しい利用法は、 「買いたい本が見つかったら同じ本が105円コーナーにないか必ず確かめること」です。