TOPICS 312   BACK

駅の迷惑

柄澤 明久



はじめこのタイトルを「駆け込み乗車はおやめくださいと言うなら、 まだ人が降りているのにドアを閉めますだの発車しますだの言わないでほしい」としようかと思ったのですが、 あまりに長すぎるのでやめにしました。

お分かりかと思いますが、今回は怒りの発言です。怒りの対象はJR東日本の駅のアナウンスの無神経さです。 国鉄からJRになって全体としてサービスは向上していることは確かですが、駅のアナウンスに関しては、 ホスピタリティは低いレベルであるといわざるをえません。

まずあれほど煩雑なアナウンスが必要かということがあります。駅のアナウンスの主な目的は電車の到着のお知らせでしょう。 「1番線に電車が入線します」で十分ではないでしょうか。「危ないですから白線までお下がりください」 などと言う必要があるのでしょうか。そんな誰でも分かっていることを大声でいうのは余計なお節介というべきでしょう。 また「左右のすいているドアからお乗りください」も余計なお世話です。「すいているレジにお並びください」 などと言うスーパーがどこにあるでしょうか。

駅のアナウンスはほぼ自動化しています。つまり電車が入線する何秒か前に自動的に録音が走りだします。 ラッシュ時にはひとつのホームの両側にほぼ同時に電車が入線することが多いですが、 そのときのアナウンスはこのようになります。「いちばんせんににばんせんにでんしゃがでんしゃがまいりますまいります あぶないですからあぶないですからはくせんまではくせんまでおさがりおさがりくださいください」。 たまには全くシンクロして、見事な2重唱になっていることもあり、苦笑せざるを得ません。

このようなアナウンスが毎日繰り返されているのです。ここにはアナウンスを発信する側の都合があるだけで、 聞くほうの利便性は一切無視されているといえます。時には異なる2種類のアナウンスが同時に流れることもあります。 乗客は聖徳太子だと思っているのでしょうか。自動化はコンピュータで制御しているはずですから、 アナウンスを数秒程度ずらすのは可能なはずです。

アナウンスは到達しないと意味がありません。従ってある程度の音量は必要です。 しかしあれほどの大音量で流す必要があるのでしょうか。最近はアナウンスの前にメロディがつくことが多いのですが、 そのメロディも大音量で流れるのです。例えば新宿駅の埼京線のメロディーの音量はひどいですと思います。 アナウンスは情報の伝達を行うので、ある程度の音量はやむをえないかもしれません。 しかしメロディまで大きな音にする必要はないはずです。

JRの鉄道事業は公益事業としての安全性を確保する経営と、 民間企業としての効率性を重視する経営という時に相反する要素を持っています。その両者を追及した結果が、 自動化・大音響・お節介といった迷惑の3点セットのアナウンスになったのでしょう。しかしそこにCSの要素を忘れては困ります。 そして、このような互いに相反する要素を創意工夫によってバランスさせていくのが経営(マネジメント) というものではないでしょうか。

以上苦情ばかり言いましたが、駅のメロディ(駅メロ?)で気にいっているのもあります。 蒲田駅の蒲田行進曲と高田の馬場駅の鉄腕アトムです。このメロディを聞くと心がなごみます。 最後にちょっとだけ持ち上げておいて今回の怒りを収めることとします。